Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
はてなブックマークに追加 LINEでシェア Pocketで後で読む

ハワイの電圧と変圧器について

海外旅行に行くとき、気になるのが日本の家電は海外で使用できるの?という点です。
このページではハワイと日本の電圧の違いと、対処法について紹介します。

ハワイの電圧と日本の電圧

ハワイの電圧が「110V~120V」、日本の電圧が「100V」と、ハワイの電圧は日本に比べて若干高めです。
電圧が高いため、日本の家電製品をハワイで長時間使用すると故障する場合があるので注意が必要です。

ユニバーサルタイプの家電について

日本で売られている家電には、世界中で使用できる「ユニバーサルタイプ」と、日本だけで使用できる「日本専用タイプ」があります。
パソコン・スマホの充電器等、海外に輸出することを最初から想定している家電については「ユニバーサルタイプ」がほとんどです。
製品のラベル部分に「100 - 240V」と書かれていれば、電圧問わず使用できる家電です。

下の画像は携帯電話の充電器です。

日本専用タイプの家電について

製品のラベルを見て、「100V」と書かれていれば、注意が必要です。
我が家では、ドライヤーとヘアーアイロンがこのタイプでした。
ハワイで使用すると負荷がかかり過ぎるため、長時間使用すると故障する可能性があると言われています。

ただ、日本専用タイプの家電を使用しても全然大丈夫!というサイトを数多く見かけます。
あくまでも推奨はされておりませんので、自己責任でお願いします。

下の画像は2000円ほどの安いヘアーアイロンです。

変圧器を使用する

安全に日本専用タイプ家電をハワイで使用したい場合には、変圧器を用意する必要があります。
変圧器の値段はだいたい1000~5000円くらいでしょうか。

安いものは、100V家電を110V-120V(ハワイの電圧)で使用できるようにするものです。
高いものは、100V家電を110V-120Vの地域でも、110V-130Vの地域でも使用できるタイプです。
対応している地域が広ければ広いほど、高価な変圧器となります。

海外に頻繁に行く方は高価なものを、海外はこれっきりかな?という方は安めのものを買うのがいいかと思います。