Twitterでシェア Facebookでシェア Google+でシェア
はてなブックマークに追加 LINEでシェア Pocketで後で読む

金券ショップでの外貨両替について

両替方法 手数料 両替しやすさ 両替するタイミング
空港での両替 × 出発当日でOK。
手数料が高く、オススメしません。
銀行での両替 出発の1週間前。
比較的遅くても安心。
金券ショップでの両替 出発の2週間前。
ドルの在庫がない場合があるため、気持ちお早目に。
FX会社での両替 出来るだけ早く。
FX口座を開いたりと、手間がかかるのでお早目に。
ハワイでの両替 現地にて。
無事到着してからゆっくりと両替しましょう。

レート・手数料について

金券ショップでの両替は、銀行に比べて手数料が若干お安く設定されています。
お店にもよりますが、大体1ドル1.5円ほどで交換できるようです(銀行が1ドル3円ほど)。
(30万円を両替した場合、おおよそ3750円程度の手数料がかかります。1ドル=120円の場合。)

銀行に比べ、約半分の手数料で交換できることから、お近くに外貨交換に対応している金券ショップがある場合にはオススメです。

金券ショップでの外貨両替の方法

私は札幌の「大黒屋 ブランド館 札幌店」で両替をしてみました。

両替は非常に簡単で、「30万円をドルに両替したい」と伝えると、「本日のレートで○○ドルになります。どのような組み合わせになさいますか?」というやり取りでした。
その時はドルの在庫が豊富で、自由に組み合わせ出来ました。

かなり見辛いですが、交換時のレシートです。

何回か大黒屋で両替したのですが、例えば日銀総裁の発言で円高になった日にはドルの在庫が一切なくなるなど、在庫がなく両替できないという日がありました。
行く前に一度電話にてドルの在庫があるか確認すると確実かと思います。

大黒屋ネットでの外貨両替の方法

大黒屋では店舗での外貨交換だけではなく、ネットでの外貨交換も行っています。
申し込み可能時間が平日11:00縲怩P4:30と短くはありますが、外に出ることなく外貨交換を申し込めます。
銀行と同じくパックを購入する方法で、○○ドルを何枚、という交換はできないので注意が必要です。


店舗での両替とは違い、振込み手数料および送料が別途かかりますので注意が必要です。
詳しくはこちらを参照ください

まとめ

金券ショップでの外貨両替のメリット
・銀行より手数料が安い(1~2円ほど安い)
・紙幣を自由に組み合わせられる
・円ベースで両替が出来る(1万円をドル両替したい等)

金券ショップでの外貨両替のデメリット
・在庫がないと両替できない日がある
・ドルの種類が豊富ではない日がある
・銀行に比べるとアクセスが不便な場合が多い